3DS LLを購入し、すれちがい通信で遊ぶ

我が家の子供は、3DSを持ってるのですが、私は昔のNDSで、最近発売された鬼トレにちょっぴり興味が沸いたのと、思いの外、3DS LLが見やすくて評判が良いので、最終的に子供に煽られ購入しました。

3DS LL本体と、32GBのSDカード、USB充電ケーブルを同時に購入しました。

(対象商品はこちら)

付属のSDカードは4GBで、今後、ソフトをダウンロードしたり、保存データが増えるのを考慮し、付属のものでは速度が遅いとの事でしたので、SandiskのSDカードを購入。(白芝のSDカードと迷いました)

(対象商品はこちら)

また、充電用のACアダプターは付属してなく、別売なので、ダイソーでUSBケーブルを購入。
我が家には、ACコンセントからのUSB充電器があるので、これで十分ですし、以前の記事で書きました、「cheero Power Plus 大容量 10000mAh モバイルバッテリー」でも充電できますしね。

ソフトは、鬼トレを購入予定ですが、パッケージ版かダウンロード版を買おうか思案中です。
この他、子供がいくつか3DSソフトを持っているので、しばらくは、貸してもらって遊んでいようかと思います。

(対象商品はこちら)

さて、もう一つ、3DS LLでやりたいと事があります。
それは、すれちがい通信で、本体内蔵のMiiにより、アドホック通信で、いろんな人達と出先にて、いつの間にかコネクションをとって、ゲーム形式で遊べるというものです。

なので、購入直後すぐに、このMiiのすれちがい通信設定をし、今日のまつりつくばに持ち歩いてみたところ、2時間前後で約70名近くの友達とすれちがう事が出来た。

家でゴロゴロとゲームをせずに、外に持ち出して、外の空気を吸ってゲームと結びづけるのは、たまごっちやポケモン万歩計を思い出させますが、さらに進化してて、大人でもなかなかハマりそうです。

今回の3DS LLは、サイズが大きくなり、見やすく、操作性もよくなってようですが、持ち運ぶには少し不便になりましたね。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner