残念な優待銘柄

stock photo

ここ1ヶ月以内の話ですが、保有している残念な優待銘柄が2つほど出ました。

一つは、アクトコール<6064>で、パンとエスプレッソ以外に不動産屋やフィンテックも手がけていており、優待内容も良かったので、長期保有の予定でしたが、代表取締その他関係者による粉飾の可能性が高いとの事で、決算延長で暴落してしまいました。

優待廃止や上場廃止の可能性もあると噂され、先月までは利益が出ておりましたが、一気に損失となり、泣く泣く損切りしました。

粉飾問題が解決されれば、長期的に再び元の株価に戻るかもしれませんが、今の役員がこのような失態を行ったとなると、あまり応援する気にはなれないのが心情ですね。

もう一つは、ここのブログで何度か紹介しているソルクシーズ<4284>で、お米の優待廃止が発表され、実質、改悪です。

優待のお米「幽学の里米」は、我が家で買うお米の中では一番美味しいとの評判だったので、すごくがっかりです。

その分、配当が2円増配になりますが、お米が貰えない方が損失大きいので、近々、手放そうと思ってます。
良いIRを出していますが、打たれ弱く、すぐに株価が下がるんですよね。

そろそろ次の銘柄を探さねば・・

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner