4年ぶりの新Mac mini登場で、新調したいのだが・・

我が家では、自宅サーバーとして、2011年製のMac miniが24時間稼働しており、これといったトラブルもなく7年近く動作しております。

自宅では、下記のサーバーがMac miniで動作しています

  • FTP,SSH,AFP
  • iTeleport
  • ComicGlass MediaServer
  • WD Cloud
  • Plex
  • VNC

現状のMac miniはCore i5でRAM:16GB HDD:500GBの環境ですが、これだけのサーバーを動かしていると、メモリとパワーが欲しいところです。

先週、4年ぶりに待望の新Mac mini (2018)がリリースされ、これは喉から手が出るほど、欲しいと思っておりました。

Macmini2018

新Mac miniでは、Core i7の4/6コア、メモリも最大64GB搭載可能、SSDは最大2TB搭載可能、最大3台のディスプレイ対応、4K出力など、かなりパワフルな構成に仕上がっています。

新旧Mac miniの比較に関しては、こちら↓のサイトを参考にさせていただきました。

さて、新調するに当たって、早速見積もりをとったところ、

Mac mini Apple 日本 2018 11 09 16 38 36

見積り金額を見て、ビックリ!
ナント、AppleCare+や税含めたら30万円オーバーです。

現状のMac miniを購入した際は5万円ほどだったので、これは流石に高すぎます。

サーバーにするには、こんなにハイスペックは要らないので、購入金額をもって安くしてほしいものです。
もう一台、旧型Mac miniの整備品を購入して、負荷分散するか迷いどころです。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)