年の始めにiPhone内の写真を全削除

いつの間にか、どんどん溜まっていくiPhone内の写真データ。
いつかは整理しようと、放置することが多いんですよね。

年の始めと言うことで、思い切ってiPhone内の写真データを全部削除してみました。 Iphone alldelete

削除する前にバックアップを!

もちろん削除する前には、バックアップを取るのは忘れてはいけません。 私の場合は、Flickrへ常時バックアップ、自宅内のWD Cloud内へ自動バックアップを取っているので、それほどバックアップには手間がかかりませんでしたが、FlickrやGoogleフォト,Amazonフォト、自分のPCにバックアップ取っておけば安心です。

バックアップを取れたのが確認できたら、早速、iPhone内の写真データを削除です。

iPhone内の写真アプリから、カメラロールのアルバムを削除出来れば一番簡単なんですが、これは消せないようになっているので、カメラロールを開き、右上の選択ボタンを押して、消したい写真を選択して消していくしか方法がありません。

IMG 1277

数十枚くらいの写真だったら良いのですが、これが数百・数千枚あったら、手作業で行うのは、かなり難儀です。

はい、iPhoneの写真アプリだと全削除(一括削除)は出来ないです。

さて、写真データを全削除するには、どうするか?

PCにつないで削除する

私は、ほとんどWindows使わないので、Macで説明します。

  1. iPhoneとMacをUSB接続すると、写真アプリが自動的に起動するかと思います。(故意に自動起動させていない方はスルー)
  2. Macの写真アプリでも全削除は出来ないので、すぐにアプリを終了してください
  3. アプリケーションフォルダ内のイメージキャプチャアプリ(Image Capture.app)を起動します
  4. iPhone内の写真がリストアップされるので、全選択(command+A)します
  5. 左下の削除ボタンで一括削除
    (削除アイコンがわかりづらいです)

Monosnap 2017 01 01 14 25 21

iPhone内でどうしても全削除したい場合

写真アプリが全削除出来ないので、別のアプリを使用します。
iPhoneの写真関連アプリは沢山あるので、他のアプリでも出来るかもしれませんが、今回はPhotoSync(有料)と言うアプリを使用しました。

  1. PhotoSyncを持っていない方は、iPhone内のApp Storeから”PhotoSync”を検索して、PhotoSyncをインストールします
  2. PhotoSync起動
  3. カメラロールを選択し、右上の赤いリサイクルっぽいマークを押す
  4. 「すべて」を選択
  5.  右にスワイプし、「選択を変更」を押す
  6. 「すべて選択」がグレーになっているが、ここを押すと全選択されるIMG_1283.PNG
  7.  全選択されている事を確認し、どれでも良いので写真を長押しする
  8. 「選択項目を削除」が現れるので、これを押す
  9. 最後に、写真削除を許可するかの警告画面が出るので、削除ボタンを押すNew photo added to

ちょっとPhotoSyncでの作業は分かりづらいですが、全削除は可能です。

PhotoSyncは有料アプリですが、いろんな機能が付いてて、とっても便利なので、かなり昔から愛用しているんです。 Photosync 2017 0104

以上、PCもしくはiPhoneアプリで写真を全削除する方法でした。
これで、iPhone内がスッキリし、iTunesでのバックアップも軽くなりました。(^_^;)

他にも、もっと簡単な方法がありましたら、教えていただけると幸いです。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner