お迎えから10ヶ月のコザクラインコに衝撃の事実が!

シェアする

お迎えしてから、早10ヶ月のコザクラインコのライムに衝撃の事実が発覚しました。

ちょっと、タイトルが大げさかもしれませんが、コザクラインコってオス・メスの判別が、未だにわからないんです。
ライムをお迎えした時もそうですが、ペットショップなどで販売されているコザクラインコの性別欄は、ほぼ不明となっているのです。

我が家では、ライムのヤンチャっぷりの様子から、絶対オスだよねーーとばかり思っていたのです。

そうしたら、ケージの中に、ナ・ナントたまごが・・・家族全員、ええーーっと絶叫。

New photo added to

ツガイで飼っているわけではないので、無精卵だと思います。
卵を産んだあとも、温めてる様子もなかったので、取り上げてしまいましたが、何でも、卵を取り上げてしまうと、当の本人は「また産まなきゃね」みたいな状況になるとの解説もあります。

実は、産む前日に体重を測ったところ、通常56g前後なのに、63gもあり、何だか一回り成長したのかと家族全員が思っていましたが、まさかでした。
ここ最近、あまりケージから出たがらなくなったり、巣箱を探しまわる様子だったりしてたのは産卵の兆候だったのかもしれません。

また、卵を作る準備なのか、塩土もよく食べ、水を大量に摂取して、多尿となってました。

と言うことで、我が家のライムは、10ヶ月にして女の子だと判明しました。キャーーー

卵産んだ後の体重は56gに戻り、翌日、また60gに増えて、もしや〜〜 (閲覧注意)

New photo added to

はい、2日後に、また1個産んじゃいました。(^_^;)

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)

シェアする

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner