2013年の締めはゼロと家族言葉に感動

シェアする

昨年は、つくばから九州へドライブを決行し、毎年大晦日には、横浜へ家族とドライブ&ショッピングを楽しんでいるのですが、今年の年末は引越しで大忙しだったので、近場の越谷レイクタウンへショッピングにしました。

電車で越谷レイクタウンにに行くついでに、以前から購入して読みたかった堀江貴文さんのゼロを電車内で読むことが出来ました。

ホリエモンが大嫌いな人も周りにはいるし、あれだけ(ライブドア時代)騒がれて稼ぎまくって何をきれい事書いているんだと思われる方もいるでしょう。

しかし、読んでみると、仕事や働くことの大切さなど、これから仕事に就く人でも現に働いている人でも、とても参考になる内容になっているので、大変オススメです。
「できっこない」と思っていることは、一歩踏み出す勇気がなく、自分で頭越しに決めつけている事。
今年振り返ってみると、そう思えることがあったように思えます。
失敗してもゼロに戻るだけ、それどころか、失敗した経験がプラスになっているのです。
そう思うと、この年末大晦日にゼロにして、来年(明日)から一歩を踏み出すことを恐れず、前へ進む豊富が持てたような気がします。

今年を締めくくる最高の本に出会えて良かったです。
この本は、特に、若い方が早いうちに読んでおくことをオススメします。

もう一つ、今年最後にふさわしい家宝として、稲葉尊治さんに書いて頂いた家族言葉

IMG 5277

イオンへのショッピングの帰りに、ふと目に付いた稲葉さんの趣のある言葉展。
あなたを観て言葉を書きます」と書かれており、せっかく家族全員揃っているから書いてもらおうかと思っていたら、既に20時になっていたので、最終のお客さんで終わりましたとの事でしたが、こころよく受け付けて頂きました。

家族揃って、稲葉さんの前に座り、家族への思いをそれぞれ聞かれ、稲葉さんの目を見つめ、稲葉さんが家族に合った想いの言葉を綴ります。(ふと、嫁さんが涙ぐんだのには、ちょっとビックリ)
達筆で趣がある字で、家族言葉が出来上がりました。
上図の他に、家族名に関わる言葉や、家族名が下に明記されています。

今年最後に、貴重な家宝が一つ増えました。

今年もあとわずかなので、稲葉さんの詩を引用させて頂きます。
今年も一年が終わります。
なんだかんだ、充実した一年であったと、しみじぶと実感できるように、一年間を振り返りましょう。
知ってみれば、なんだかんだ、充実しているもんです。

今年最後に、ゼロと稲葉さんの家族言葉に出会えて良い年で締めくくり事が出来ると同時に、今年も、このブログへ沢山の訪問をありがとうございました。
来年も力まずに、マイペースでブログを続けていきたいと思いますが、ゼロからイチへ一歩踏み出せるよう新年を迎える所存です。

今年一年間、皆様へ感謝いたします。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)

シェアする

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner