消費税増税前にダイキンのエアコンを3台設置

シェアする

外気温が0度近くても、マンション内は16度前後を保ち、比較的暖かいのですが、さすがに動かずに座ってPC作業や勉強をしていると手足が冷えてきます。

やはり、暖房器具を買おうかと、セラミックファンヒーターや床カーペットを気軽に考えていたのですが、どれも10A以上の電気容量で、エアコンを観てみると最大5Aくらいしか喰わないと。
エアコンって、電気代がかかるイメージですが、今時のエアコンは電気代にも優しいらしい。

って事で、自分の部屋にエアコンを付けようと家族に言ったところ、嫁も子供も”私たちの部屋にもよろしく〜”みたいなノリで、結局エアコンを3台購入・設置しました。

購入したのは、ダイキン 【AN22PES-W】の比較的安価のエアコンです。 だって、3台ですから〜(^_^;

近くの電気店で工事費込みで1台当たり55000円。
翌日には見積もり・下見して、翌々日に設置で、すぐに対応して頂いて良かったです。

この時期、エアコンの需要が少ないようなので、対応が早かったとの事ですが、消費税増税前に住宅を購入する人が多いので、例年よりも4月までに需要が多いとも店員が申してました。

ですので、住宅を購入されている方は、エアコン設置は早めに予定されていた方が良いかもしれませんね。

ちなみに、エアコンは夏も冬も最初に設定温度まで上げるのに消費電力が高く、設定温度に達した後は消費電力が下がるので、こま目に入切するよりも、点けたままの方が良いようです。また、ファンの消費電力は微々たるものなので、強にしておくのが良いかと思います。

つまり、設定温度に下がった後は、気持ち(1〜2℃)高めの設定でファンを強めに固定するのが良いようです。

これで、我が家の前部屋にエアコンが設置されたので、快適な1年が過ごせそうです。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)

シェアする

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner