ホームシアターシステムをSonyの HT-ST3に換えました

シェアする

マンションに引っ越す前は、YAMAHAのAVアンプで5.1chにより、5スピーカーとウーハーを接続していましたが、引っ越してから出来るだけシンプルなシステムにしたかったので、スピーカーが小さく、音響もそれなりのSony HT-ST3を購入し、設置してみました。

本当は、BOSEのホームシアターシステムで揃えたかったのですが、予算が違いすぎるので、我が家の大蔵省の許可がおりませんでした。
で、この商品を選んだ理由としては、

  • 薄型のスピーカー
  • 「ロスレス音声対応」DOLBY TURE HD/dts-HD
  • Bluetooth伝送 AAC,aptX対応
  • NFC対応でiPhoneやiPadなどのスマホから音楽再生
  • 値段が手頃

厚さ3cm程のバータイプのスピーカーなので、ほとんど場所をとりません。
ただし、購入してきて気づいたのですが、意外とウーハーはそれなりに大きく重いです。(^^;)

我が家ではレグザの42インチの地デジを愛用していますが、本体と脚の間にスッポリと挟み込み、まるでレグザの一部であるかのような一体感。

この細長いスピーカーとウーハーを接続し、後はAV機器をHDMIで接続していきます。

ただし、テレビとの接続ではテレビ用の接続先にHDMIと光ケーブルを接続します。
ちなみに、ウーハーにはPS3,ブルーレイレコーダー,AppleTVを接続しました。

肝心の音響はと言うと、まぁそれなりかなぁ〜。
さすがに、今まで愛用してきた5.1chアンプとスピーカーみたいに、後ろからの音場がないので、ちょっと物足りなく、BOSEサウンドとも、ちょっと違うかな?

しかし、テレビの標準サウンドとは明らかに違う低音と臨場感は楽しめます。
テレビ前2m程のソファーに座って聴いていると、あまり音場の広がりは感じませんが、5mほど離れると、結構、臨場感あるサウンドが広がりますね。

あと、BluetoothでiPhoneやiPadなどとペアリングしていると、そのまま、Bluetoothスピーカーとしても使用出来るのは良いですよ。

スピーカーの設置をシンプルにしたい方やスピーカーケーブル接続が面倒な方、集合住宅などで大音響が必要でない方など、マンションタイプにマッチしたスピーカーだと思います。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)

シェアする

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner