花粉症ピークでダイキン空気清浄機を速攻購入

いや〜、週末の関東地区は、空が真っ黄色になった現象「煙霧」で、騒然としましたね。
うちの子供は、花粉症がひどいので、数年前から空気清浄機を子供の寝室に設置してますが、軽い花粉症の症状で済んでいた私も、ついに辛い花粉症の症状が発しました。
もう、目は痒いは、鼻水・くしゃみ、布団に入っても鼻が詰まって眠りに眠れない状況で、病院で点鼻薬・点眼薬を貰ってくる始末となりました。

こうなれば、リビング・自分の部屋にも空気清浄機が欲しくなります。

で、いつ買うか! 今でしょ!

って事で、仕事終わって、ケーズデンキへ直行し、「MCK70N-T」を目の前にし、店員に値段交渉したら、あら?Amazonより約1万円、価格.comより約5千円近くも安いじゃない。

在庫確認し、じゃあコレ下さい!って事で、速効購入する運びとなりました。

IMG 3812

昨日の煙霧の事もあるし、花粉の時期真っ直中と言うこともあり、在庫ないのを覚悟していったのに、安く購入でき、非常に満足です。

まず、迷ったのが、シャープとダイキンでしたが、処理能力の評判が良かった事と先週からダイキンの株価を狙ったことも理由の一つでした。(^_^;
でも、ダイキンの株価は値上がりして、買い損ねてしまったんですけどね。

次に、どのクラスと容量を選ぶか。
MCK70Mと70Nとがあり、Nがアクティブプラズマイオン搭載し、Mは搭載していない。
また、MCK70とMCK55の容量サイズでは、我が家はリビング15畳前後なので、55シリーズで十分ではあるが、同じNクラスでも55シリーズには電気集塵が搭載されていない。

MCK70NとMCK55Mとの料金差は、1~1万5千円ほどになるので、アクティブプラズマイオンと電気集塵機能がその差額分に該当する事になりますね。
後は、カラーリングで白かブラウンを悩んだのですが、ビターブラウンの方が高級感があって、フローリングの部屋には合うかも?と言うことで、ビターブラウンに決定。(写真撮ると黒っぽく見えますが、実際は、ダークチョコレートな色合いです)

花粉症の症状が和らぐ事が重要なので、大は小を兼ねると言うことから、大きいサイズで、機能満載のMCK70N-Tに決定したのです。

購入して、早速持ち帰り、設置・運転してみたところ、自動運転では運転が静かで、動作していないかのよう。真近くで耳をすませるとジーと言う音が聞こえるくらい。

まだ、運転して1時間ほどなので、どのくらい効果があるのかはわかりませんが、何となく鼻の詰まりが通ってきたような感じです。

週末の煙霧は、黄砂や中国からの大気汚染PM2.5ではなく、ほぼ強烈な砂ホコリが舞い上がったようですが、これからは、黄砂や中国からの大気汚染PM2.5が日本に迫ってくるでしょうから、花粉症の人だけに限らず、生活の必需品になりそうです。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner