結局一番使いやすかったアップル標準キーボード

今までに、下記のサードパーティ製のBluetooth ワイヤレスキーボードを使用してきました。

最近、これらのサードパーティ製キーボードをMac miniに代用して使用していましたが、キーピッチが狭かったり、チャタリングが起きたりして、使用しててストレスになってきたので、結局は、純正のキーボードを購入しました。

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B

新品価格
¥6,147から
(2012/4/21 14:15時点)

購入したのは、US版のアップルワイヤレスキーボードで、やはり打ちやすいですが、ただ一点、US版なので、Aキーの左はCapsLockになってるので、CapsLockとControlキーを入れ替えて、ノンストレスな環境が築けました。

Apple Wireless Keyboard US版で、Caps LockとControlキーを入れ替えるには、アップルメニューからシステム環境設定–>キーボード–>修飾キーを選んで設定です。

Voila Capture75

ちなみに、持っているサードパーティ製で一番使いやすかったのは、バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (シロ)付属のニンテンドーワイヤレスキーボードでした。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner