玄箱 SargeからEtch

我が家には、玄箱2台があり、ひとつはWoodyでNAS/iPodサーバ、もう一つはSargeのサーバ機があります。

ここ1年ほど、放置状態で、ふとEtch化って簡単なのか?と思って、アップグレードに踏み切った。

/etc/apt/source.listをsargeから、etchにし、アップグレードするだけの簡単操作で済みそうで、

sarge source.list

deb http://www.t.ring.gr.jp/archives/linux/debian/debian/ sarge main contrib non-free
deb-src http://www.t.ring.gr.jp/archives/linux/debian/debian/ sarge main contrib non-free

etch source.list

deb http://security.debian.org etch/updates main contrib non-free
deb etch main contrib non-free

変更・保存して、

# apt-get update

# apt-get dist-upgrade

これだけで、簡単にアップグレード出来るなんて、なんて楽なのでしょう!
ちなみに、WoodyからEtchへの直接アップグレードは出来ないようなので、一旦Sarge化する必要があるようです。

こんな簡単にアップグレード作業が出来るのも要因の一つですが、CentOSでいくつかのソフト導入がうまくいかなかったものが、Ubuntuでは、あっけなく動作したりして、もうUbuntuからは離れたくない、この頃で、Redhat系からDebian系に移行しまくってます。

Berylが軽快に動くのも、いいっすよ。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner