映画のクライマックスで止まる

数年、我が家のDVD機は、長瀬産業の「DVX-500」を使用しています。
カーナビでも見られるように、オリジナルのDVDから、DVD-Rに焼いているのですが、最近になって、作成したDVD-RをDVX-500で再生すると、よく止まるようになってしまいました。

「ウルトラマンのスペシューム光線でとどめだぁ~・・・あれっ止まっちゃったよ(T.T)」みたいな。

決まって、映画などのDVDでは、クライマックスで画面・音とも止まってしまうようになり、家族で見てると雰囲気台無しです。

まぁ、オリジナルのDVDで見れば問題ないのですが、箱にしまってあって出すのが面倒くさいだけなんですけどね。 :p

DVDの外周が読み込めないことから、そろそろ、DVDのピックアップレンズの出力が低下してきたのかと思いますが、修理出すより今時買った方が安いかもしれません。

ですので、DVD-R作成時に、目一杯の容量で焼かずに、4GB以下で何枚か作成してみたら、見られるようになりました。
当然、その分、圧縮されるわけですから、画質・音質は悪くなりますな。

ボチボチ買い換えか?

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner