今年一番、東京が近くに感じた日

今日は、凄く天気が良かったんですが、関東は、風は強いし、寒かったですねー。

最近では、”引きこもり”と言うと響きが悪いですが、不景気の影響で、節約などで、いろんなイベントを自宅で過ごす”巣ごもり”と言う言葉を、聞くようになりました。

こんなに寒いと、なかなかコタツから出られずに、巣ごもり状態みたいで、まるで、ヤドカリみたいだなと言ったところ、子供に、ヤドカリじゃなくて、

コタツムリや~~

と言われた。  おぉ、なかなか良いネーミングーです。

前置きが長くなりましたが、あまりの天気の良さに、出かけないのも、もったいないので、筑波山付近のフルーツラインへ車で向かい、日没の風景写真を撮ってきた。

20081226162815a

天気が良いので、もしかすると、富士山が見えるかも?と行ったのですが、こんなにはっきり見えるとは思わなかった。
題名「平成枯れススキ」 何となく年賀状に使えるかも(^_^;

20081226171104

日没後、ちらほらと灯りが灯り始め、少し、SSを遅くして撮ってみたら、ナント! 真ん中に見える尖ったモノは・・・東京タワーじゃ、あーりませんか。 マジですか?
と言うことは、周辺の高層ビルは、都心の高層ビルなんですね。
(ちなみに、空の色は全く加工しているわけでなく、夕日の色です)

つくばから、こんなにハッキリと、それも東京タワーが見えるとは思ってもみませんでしたよ。

20081226171632c

周辺は、暗くなり、星も見え始め、つくばの夜景と富士山を撮って、帰路しました。

さすがに、手もかじかんで、鼻水もツーッと水のように流れてきて、凄く寒かったですが、富士山、東京タワー、綺麗な夜景を見れて、満足です。 こんなに東京が近くに感じた日は、今日が初めてでした。

しかし、去年もそうだったのですが、何故か年末になると、筑波山に引き寄せられるのは、何かあるのでしょうか??

ちなみに、今回撮影した場所です。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner