九州帰省’08

先週、娘と九州へ帰省したので、写真をまとめてみました。

掻い摘んで、記録として残しておこう。


梅雨に入ったばかりでしたが、羽田から飛び立った時には、晴れ。

20080606140347


鹿児島空港から、高速バスで約1時間で人

吉に到着。

今年になって、国宝に定められた青井阿蘇神社。
野放しの鶏が出てきて、娘が物珍しそうにしていた。

20080606172721200806061729152008060617363120080606173841


天子の水公園にて。
写真ではよくわかりませんが、湧き水がどんどん湧いていて、柄杓でそのまま飲むことが出来ます。

今の時期は、ユリや花菖蒲が綺麗に咲いていました。

20080607114145200806071145502008060711461420080607114631200806071148342008060711492220080607114946


お昼に、懐かしのラーメン屋「好来」を食べた。

子供の頃は、よく出前でよく食べたのですが、当時(20年ほど前)はスープは黒くはなく、普通のとんこつラーメンだったのに、今は、黒ラーメンに変わったようで、相変わらず、もやし・きくらげと、さらには麺もたっぷり入ってて、お腹いっぱいになりました。

娘は、半分しか食べられなかったようですが、これで550円ですから、関東で1000円近く出してラーメンを食べるのが、ばからしくなって来ちゃいます。(^^ゞ

2008060811290120080608112956


工芸品のきじ馬を買いに、宮原工芸店にいった所、ここでも温泉が湧いているらしいが、さすがに入浴する気にはなれませんでした。

20080607165512


学生時代に、汗を流した球磨川で、この日も後輩が一生懸命カヌーの練習をしてました。

4月に入部したばかりの新人は、岸近くで、何度も沈しながら、頑張ってました。


夜は、親戚が集まって、宴会が始まったのですが、娘は球磨弁がわからないので退屈そうにしていたので、親戚のおばさんが、娘をホタル狩りに連れて行ってくれました。 

娘は、蛍を見るのも初めてだったので、かなり感動していました。

捕まえた蛍を、ねぎの中に入れて持って帰って来るなんて、地元ならではの発想で、感心しました。

20080608202231


鹿児島を出発する時には、晴れてましたが、東京へ向かう際には雨模様で、雲の上を飛んで帰る風景はラピュタみたいと娘が言ってました。

20080609151050

梅雨の時期に、九州へ帰省するので、ずぶ濡れを覚悟していたのですが、ほとんど傘を使うこともなく、娘といい思い出旅行となりました。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
  • I remember for the leaves a pair reminded attempt. were about they had

  • I remember for the leaves a pair reminded attempt. were about they had

banner