一月ぶりにWindowsUpdate更新ができた

6月末から、職場のVOSTROでWindowsをセットアップ後に、WindowsUpdateで更新を行うと、「インストールできませんでした」とのエラーで更新に失敗しておりました。
ファイヤーウォールを「切」にしてみたり、Spybotを無効にしてみたり、復元ポイントも最初に戻したりしたのですが、解決策が見つからなくて困っていました。

さすがにWindowsUpdateが更新できないのはマズいので、ググって調べてみたところ、Microsoftの公式ページに解決策が見つかりました。

Windows XP SP3 をインストールした後、Windows Update、Microsoft Update、または自動更新で更新プログラムが正常にインストールされない

現象

Microsoft Windows XP Service Pack 3 (SP3) をインストールした後に Windows Update、Microsoft Update、または自動更新を実行すると、更新プログラムはダウンロードされますが、正常にインストールされない場合があります。

回避策

方法 1 : Windows の Wups2.dll ファイルを登録する

Windows の Wups2.dll ファイルを登録するには、次の手順を実行します。

1. 自動更新サービスを停止します。

a. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に cmd と入力し、[OK] をクリックします。
b. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

net stop wuauserv

2. Wups2.dll ファイルを登録します。

a. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

regsvr32.exe %windir%\system32\wups2.dll

注 : Windows XP Professional x64 Edition を実行しているコンピュータの場合、次のコマンドを入力して、Enter キーを押します。

regsvr32.exe %windir%\syswow64\wups2.dll

b. 確認のメッセージが表示されたら、その都度 [OK] をクリックします。
3. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押して自動更新サービスを開始します。

net start wuauserv

4. コマンド プロンプトで exit と入力し、Enter キーを押してコマンド プロンプトを終了します。
5. Windows Update、Microsoft Update、または自動更新から、更新プログラムがインストールされるか確認します。

原因は、WindowsXPをセットアップ後、すぐにSP3へアップグレードした事にあったのです。

今回の場合、私の環境では、回避策の方法1で解決したわけですが、せめてWindows Updateの失敗で出すエラーにて、この項目を表示して欲しいものです。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner