レッツノートにUbuntu 9.04を入れてみた

待ちに待ったUbuntu 9.04 (Jaunty)が24日未明にリリースされ、早速、導入してみました。
インストールしたのは、レッツノートの旧機種CF-T2です。
このT2には、Ubuntu8.10がインストールされていたのですが、9.04Betaに更新したところ、起動出来なくなったままだったので、今回、クリーンインストールした。

ubuntu_904.jpg

ボリューム全体をext4にすると、不具合が出ると噂があったので、ext3でクリーンインストールした後は、特に問題もなく起動し、快適になりましたよ。
インストール直後のメモとして、抜粋にメモ残しておきます。

この他にも、Desktop版とServer版はVMwareで入れてみたり、Netbook RemixをUSBにインストールしてUSBブートしたりで、丸々1日がUbuntu Dayとなりました。

レッツノートでは、「Panasonic Let’s Note Light 用 Linux ホットキー ドライバ」をインストールしないとFnキーによる輝度調節や音量設定が出来ないのですが、Linux Kernel 2.6.28 からカーネルのソースコードに入ったとの事だが、まだ動作せず。(Ubuntu 9.04では動かない?)
最近、MacBookを使用する機会が多いので、何気にT2の円形タッチパッドで2本指で操作したところ、ナント円形タッチパッドで2本指でスクロール出来る事を知り、ちょっと驚き。(以前から動作してたのかも)

また、未だに、無線LANルータの種類やセキュリティ設定によっては、接続が出来ないのは、何とか解決したいなぁ。

本日、Ubuntu 9.04インストールで行った作業のメモ

  • Ubuntu 9.04 Desktop版をインストール
    ただし、日本語版ではない
  • インストール後、まず最適なサーバを選択
    ソースダウンロード元を最適なサーバを探して、再設定
  • パッケージ更新
    # aptitude update;aptitude upgrade
  • 言語サポートをダウンロード
    System–> Administrator–>Language Support
  • ハードウェアドライバをインストール
    無線が有効になっていないので、ハードウェアドライバを実行し、私の場合、Broadcom B43 wireless driverを有効にする。(ドライバのダウンロードとインストール)
  • LXDEを導入
    軽量ウィンドーマネージャー(LXDE)をインストール 

    deb http://ppa.launchpad.net/lxde/ubuntu hardy main
    deb-src http://ppa.launchpad.net/lxde/ubuntu hardy main

    をリポジトリに追加して、

    $ sudo apt-get update
    $ sudo apt-get install lxde

    一度、ログアウトし、セッションにてLXDEを選ぶと適用される

  • NTPを有効にする
    日付と時刻でインターネットサーバを使用にする。
    勝手にNTPがインストールされる。
    一度、閉じて、再度立ち上げるとサーバが選択できるようになる。
    jst.mfeed.ad.jp辺りを選択
  • Mac4LinでテーマをOSXライクに変更
    emeraldをパッケージからインストールしておく 

    # aptitutde install emerald

    Mac4Lin Projectにてファイルをダウンロード・解凍
    install.shを起動

  • Dropboxを導入
    Dropboxのリポジトリを追加 

    deb  jaunty main
    deb-src  jaunty main
    # aptitude install nautilus-dropbox
  • あとは、Firefoxのアドオンを適宜導入
スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner