リュウドのBluetooth折りたたみキーボード購入

iPhoneやiPadでも使用できると言うことで、気になっていた折りたたみ式キーボードのリュウド アールボードフォーケイタイRBK-2100BTJ を購入してみました。

(対象商品はこちら)

昨夜届いたのですが、同日、エレコムから同様の折りたたみ式ELECOM(エレコム) スマートフォン(iPad)対応折りたたみBluetoothキーボード ブラック [TK-FBP017BK]が発売されるとの発表がありましたが、よく見ると、コレ、リュウドのものと全くと言っていいほど同じじゃないですか。

それに、価格が約2万円と高いですが、実売は1万弱になるのではないかと思います。

早速、開封してiPhone4とiPadで使用してみました。

IMG_0733

IMG_0736

まず、折りたたまれているキーボードを開き、単4電池を入れてペアリングします。

左上部には、引き出し式になっているスタンドを引き出すと段階付きで、iPhoneや携帯を置けるようになってて親切な設計です。

感想として、良い点は

  • ブラインドタッチに慣れていると、圧倒的に、このキーボード使った方が早い。
  • レスポンスは意外に良い
  • 持ち運びに便利
  • iPhone4置きがある

悪い点

  • BackspaceやEnterキーなど、慣れないと打ち間違いが多い
  • 作りは、あまり良くない
  • 日本語の入力方法が説明書に書いてない
  • 黒以外の色がない
  • キーボードに書かれている文字配列と合っていない。65仕様だから?

これ以外に、iPad/iPhone内のTextExpanderが動作しないのは、盲点でした。
TextExpanderが動作しないのは、私の勘違いでした。問題なく動作します。
間違った情報を書いてしまい、申し訳ありませんでした。m(_ _)m

まぁ、それでも、今までよりも快適に文章が書けることは間違いないので、ブログやメモなど文章を沢山書く方は、買って損はないでしょう。

最後に、忘れそうになるので、ペアリング方法と日本語切り換え方法をメモ。

[note]

ペアリング方法:  iPadやiPhoneのBluetoothをONにし、キーボードのFnと半角/全角キーを押し、iPadやiPhoneからペアリングの数値が表示されるので、その数値をキーボードで叩いて、最後にEnterキーを押すとペアリング完了です。

日本語/英語/絵文字の切り替えは、Win+スペースキーです。

[/note]

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner