バックエンドのWPが反応悪いときの処方箋

今週、仕事で、WindowsとApacheとWordPressを格闘してたわけですが、メインサーバのLinuxのApacheから、リバースプロキシーでWindows Web Server(WWS)上のWordPressを読み込んで運用と言う方法をとってます。

(対象商品はこちら)

ところが、このバックエンドで動かしているWWS上のWordPressを読み込む時の反応が、ものすごく悪い症状が起きてたので、効き目があるか眉唾ものですが、下記の対策をとってみた。

  • WordPressのプラグイン「Disable Canonical URL Redirection」というプラグインを導入し、カノニカルURL機能を無効にしてみた。
  • Apache のProxyPassReverseを記述している欄に下記2行を追加
    SetEnv force-proxy-request-1.0 1
    SetEnv proxy-nokeepalive 1

今のところ、反応が悪いわけではないが、まだハッキリと原因がわかったわけではないので、ちょっと様子見です。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner