コルトからエスハイに乗り換えての不満点

三菱コルトから、エスハイに乗り換えて、1ヶ月を迎えようとしています。

1300ccのコンパクトカーから、2400cc+Hybridのワンボックスへの変更なので、乗り心地に不満はありませんが、運転・装備に関しての不満点です。

  • キーレスエントリーでウィンドーの開閉が出来た
    雨降ったときや降車時に窓が開いていたときに便利
  • 赤信号で止まったときに、プッシュスイッチでヘッドライトが消灯し、走り出すと自動で点灯
  • ドアロック・アンロック時にサイドミラーが自動で格納できた
    狭い駐車場などは必須
  • コルトは車速感応式ワイパーだったが、エスハイは車速感応ではなかった
  • エスハイに変わってから、縦列・並列駐車が面倒(まだ慣れてない)
  • 燃費計があると、気にしすぎてストレスがたまる(今だけかも)

コルトに比べると、値段が2倍以上もするエスハイなのに、こんな装備も付いてないのか?と思いましたね。
そうやってみると、コルトは非常にコスパ高い車だったのかもしれませんね。

今回、不満点だけを列挙しましたが、室内空間・走行の楽しさはエスハイならでは味わえないのも事実です。

最後に、家族が助手席に座ってくれなくなった。(^_^;こいつのせいです。↓
後部座席が、スーパーリラックスシートで広々。おまけにマッサージ完備なもので。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner